Monthly Archives: 6月 2014

上半期ベスト

所属している「Japanese Street Photographers」にて。
上半期の活動の中でベストな写真を一枚選ぶというトピック。
良くも悪くも惰性的にやってきた上半期、それなりに良いのが何枚かある印象だったが、こういう風に改まって”一枚選べ”と言われると、
毎回ギクッとする自分がいる。

そしてそういう視点で自分の写真を振り返ると、まぁ弱い弱い。写真が弱い。
自分の写真がイヤになる。

その中で選んだのは、この一枚

13057540713_cd2ab7e4b9_o

ストーリーと感情。そしてビジュアル的な画面構成。がうまくいったかな、と。
しかし実際は、この一枚のチョイスにさえ自信が無いのが、今の自分のイヤなところ。
写真の善し悪しをはかる明確なものさしが無い。

Posted in Photo, Text | Leave a comment

” ある日、私はアメリカのケープコッドにいたが、その日は雨が降っていた。近代美術館で展示会を開いたばかりのときのことだった。
ひさしの下で雨宿りをしていたら、隣に若者たちが集まっていたので、あわててライカを手にその場を立ち去った。
若者のひとりが、こういっているのが聞こえた。
『おい!あいつ、カルティエ=ブレッソンを気どってやがる』
おもしろかったよ。
時々、私はカルティエ=ブレッソンを知っているかと聞かれるので、こう答えることにしている。
『知っていますよ!まったく性悪な男でね。とにかく、近づかないことですよ。我慢のならない男ですから』
そう、壁土色でいなければならない。自分の存在を忘れてもらう必要がある。
『私は、私は』という態度には反対だ。
ドガが、こんなふうにいっていたと思う。
『人に知られていなければ、有名であることはとてもすばらしい』 ”

Henri Cartier-Bresson フィリップ・ベグネルのインタビュー 1989年2月

Posted in Text | Leave a comment

” 感情は、白黒写真のなかに見いだせる。それは、移調され、抽象化されて、「普通」ではなくなる。
現実は混沌とした洪水だから、そのような現実のなかから、われわれはバランスのとれた方法で、背景と形式を選択しなければならない。
それなのに、そのうえ色の心配までしなければならないとしたら!
また「自然の」色などなにも意味しない。骨抜きにされた光景であるカラー写真で喜ぶのは、商人と雑誌だけだ ”

Henri Cartier-Bresson 「ル・モンド紙」のインタビューより

Posted in Text | Leave a comment

ライアン・マッギンレーより、若き写真家たちへ贈る言葉。

ライアン・マッギンレーより、若き写真家たちへ贈る言葉。

・何か没頭できるものを見つけよう

「4年生のとき、僕は一日中ずっと写真を撮り続けていました。朝昼晩の食事や、グラフィティで埋め尽くされた戸口や、友だちやルームメイトなど、どんな些細なものでも撮っていたんです。僕の初めてのボーイフレンドだったマークを苦しめてしまったこともありました。というのも、僕は自分たちの関係が生み出す一瞬一瞬を捉えるべく、常にカメラを撮り続けていたんです。あの頃の僕は、自分の人生を記録することで頭がいっぱいでした。

そんな経験を持つ僕からのアドバイスはこうです。何か没頭できるものを見つけて、それにこだわること。誰かと張り合ったりせず、自分らしさを見つけること。自分の人生で経験したことを撮って、写真史の知識と結びつけること。そしてそれら全てを混ぜ合わせて、あなた以外の人も入れるような、芸術的な世界をつくり出すことです」

「携帯で写真を撮るのが好きなら、撮ればいい。父親が工事現場で働く姿がカッコいいと思うなら、それを対象として使ってもいいでしょう。母親がプードルを飼っているなら、その光景を写真に収めてもいいのです。自分だけが知っていること、自分だけが立ち入れること、自分が繋がっている人やモノを撮るのです。そうすることで、自分だけの世界をつくりだして下さい」

「常に忙しくあること。自分がやりたいことを実行するための方法を探し、見つけること。自分がやりたいことを突き止めて、それを実行すること。自分がやりたいことについて、長い時間をかけてダラダラ話すことは厳禁です。それよりもまず、やること。磨きをかけ、出来るだけたくさん取り組むこと。時には違った方法でも試すこと。次のレベルに到達するまで諦めずに続けること。間違っても、途中で止めようと考えないこと。歩みを止めずに進み続けること。そしてこれらを、自然に出来るようになって下さい」

・チャンスを逃さぬよう、常に準備しよう

「ある時、自分が全く知らない人の自然な表情を撮ることに長けているのだと気づきました。この気づきは、私にとってひとつの突破口となりました。多くの人は撮られることが好きなのです。人から気にかけてもらえたり、普段やらないことをやってほしいと頼まれることが好きなのです。”尋ねること”、これこそが私がやるべきことだったのだと学びました」

「誘われたらとにかく”イエス”と答えて、新しいことにチャレンジしましょう。失敗や、一生懸命働くことを恐れないで下さい。あなたらしい写真を撮って下さい。他の誰かの写真を真似したり、真似しようとしてはダメです。迷うのはもう止めて下さい。使っているカメラが何かなど、気にしてはいけません」

「伝説的なインディーズのディレクター、デレック・ジャーマン(※4)から、アート・フィルムをつくる上での3つのルールを聞いたことがあります。『1、なるべく早く取り組むこと 2、あなただけの視点を持ち続けること 3、お金が稼げると期待しないこと』 この3つは、今も私の頭から離れません。アートに取り組むことが、あなたの仕事のようなものなのです。一日に8時間は写真に向き合って下さい」

「覚えておいて下さい。私達の仕事は、死ぬほど苦しいものです。しかし、だからこそとてつもなくロマンティックなのです」

「身の回りの全てを写真に収めて下さい。本当に一生懸命頑張っていれば、チャンスはやってきます。そしてその瞬間を逃さないよう、常に準備しておくことです」

Posted in Movie, Text | Leave a comment

This is Why Your Pictures Suck.

This is Why Your Pictures Suck.
[PHOTO] 「黙って撮れよ、ハゲ」あなたの写真が上達しない5つの理由

1. あなたが怠け者だから

あなたが知識と技術と機材を有していることはわかっています。写真に関する造形が深く、技術的な知識も豊富、しかも最新の機材ももっている。
しかし、あなたが最後に本気で撮影したのはいつですか?本気の撮影っていうのは、お金をもらってやる仕事とかフォトウォークに参加することではありません。
自分の限界を超えるような挑戦的な作品づくりに最後に取り組んだのはいつかということです。
facebook, twitter, instagram, Google+などで中途半端な作品を公開して、「いいね!」を集めてる場合ではありません。

2. あなたが機材にばかり捉われてるから

新発売の機材というのはいつでもワクワクさせてくれるもの。購入するときのドキドキ感はみんな一緒です。
しかし、あなたはその機材をどれだけ使いましたか?「開封の儀」などどうでもよいのです。その機材で作品づくりをしていますか。
撮影する代わりに、ブログや掲示板、youtubeなどで、「●●をきれいに撮影する方法」のような投稿ばかりみていませんか?
また機材を買ったあとに、レビューを読んだりしていませんか?それって必要?いい買い物ができたかどうかは、自分の作品を見れば一目瞭然です。

3. あなたがガサツだから

あなたは、撮影のためのテクニックを軽視していませんか?
とにかく数を撮れば、良い写真家になれると勘違いしていませんか?
あなたはシャッターを切る瞬間、フレーム内に何が入り込むかについて無頓着すぎます。美しいボケはどうでもよいのです。
構図、ライティング、被写体選択をもう一度見直してください。
いくらノイズなしで高感度撮影できたからといって、良い写真にはなりませんよ。

4. フォトショはフォトグラフとは違うから

フォトショップは素晴らしいツールです。代わりのきかない大切な道具といっていいでしょう。
しかし、あなたはフォトショップに何時間かけるつもりですか?それも豚に口紅塗るような作業に。
どんなにがんばっても、駄作は駄作です。安い車をどんなに磨いても安い車のまま。
思い出してください、昔は、撮影した瞬間に最高傑作といえるような写真をとろうと情熱をもっていたじゃないですか。
いつから写真は彩度を上げるための素材になってしまったのでしょう。

5. あなたは自分の作品をまとめようとしないから

作品をひとにみせるときに、あなたは明確な目標のもとに写真を整理していますか。
風景、人物ポートレート、抽象、自宅の猫、いろんな写真をごちゃまぜにして、「私のポートフォリオです」といって他人にみせていませんか?
人に写真の評価を頼む時は、10-12枚程度で十分です。
その中で、自分が何を表現したいのか、どんなことをとらえる写真家でありたいのか、を相手にもわかるようにまとめなくてはいけません。
他人に自分の方向性をゆだねるのはやめましょう。

Posted in Text | Leave a comment