仮にあなたに息子さんがいて

息子さんが何かで失敗したら

同じ態度を取りますか

仮にあなたのお母さんや

あなたの上司や

店に来るお客さんが

ワゴンを倒したら

座り込んで首振って

傘でコツコツしますか

どんな人に対しても

同じ態度が取れない自分を

誇らしく思えますか

あなたのお子さんに将来

お父さんのような人間になりなさいと

堂々と言えますか

-「宮本くんから君へ」- 

Posted in 未分類 | Leave a comment

もう半年くらい前のことだけど、ここに貼っていなかったので今更。
知り合いのバンドのMVを撮影。2作目。
1作目よりも出来は良し。
しかし映像制作は難しい。具体的な絵が浮かんでいても、それを撮れるかは、機材と予算などに依存する。

Posted in Movie | Leave a comment

二人の共通の趣味のため、なんとなく思い立ってプロジェクターを購入。
これが思いのほか最高で、一日中映画を見ていられそう。大きさ、画質、申し分ない。

Posted in Photo, Text | Leave a comment

いまごろちゃうどおまへの年ごろで

おまへの素質と力をもってゐるものは

町と村との一万人のなかになら

おそらく五人はあるだらう

それらのひとのどの人もまたどのひとも

五年のあひだにそれを大低無くすのだ

生活のためにけづられたり

自分でそれをなくすのだ

すべての才や力や材といふものは

ひとにとゞまるものでない

ひとさへひとにとゞまらぬ

おまへのいまのちからがにぶり

きれいな音の正しい調子とその明るさを失って

ふたたび回復できないならば

おれはおまへをもう見ない

なぜならおれは

すこしぐらゐの仕事ができて

そいつに腰をかけてるやうな

そんな多数をいちばんいやにおもふのだ

みんなが町で暮したり

一日あそんでゐるときに

おまへはひとりであの石原の草を刈る

そのさびしさでおまへは音をつくるのだ

多くの侮辱や窮乏の

それらを噛んで歌ふのだ

もしも楽器がなかったら

いゝかおまへはおれの弟子なのだ

ちからのかぎり

そらいっぱいの

光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ

– 『春と修羅 第二集』 宮沢賢治 –

Posted in Text | Leave a comment

最近、中判カメラや使い捨てインスタントカメラが再びブームらしい。
理由は“インスタみたいな写真が撮れるから”
アメリカンジョークみたいな話だ。

Posted in Text | Leave a comment