Category Archives: Text

Weekend (2011)

Russell: “Why don’t I pretend to be your dad and you can come out to me.”
Glen: “That is so weird.”
Russell: “Just ignored the fact we just had sex.”
Glen: “I don’t think I can ignore the fact…”
Russell: “Try.”
Glen: “…OK.”

Glen: “Dad?”
Glen: “I’ve got something that I need to tell you.”
Russell: “What’s that?”
Glen: “I’m gay.”
Glen: “I like guys, not girls.”
Russell: “well…, You know what, son? It doesn’t matter to me and I love you just the same. And guess what?”
Glen: “what?”
Russell: “I couldn’t be more proud of you than if you were the first man on the moon.”

Posted in Text | Leave a comment

Dictation practice

So the three stories I’m gonna tell you are simply three stories that talk about the need for imagination that ability to “think different.”

With Steve Jobs, It started when he was a young kid growing up not too far away in California.
When he was 6 years old, he and his father built a fence around the backyard of their house.
And his father told him,
“We have to make the back of the fence just as beautiful as the front of the fence. Steve, babe, walk the neighbourhood, touch the fence, go look at the back of the fence.”
And Steve said, “Why? Nobody will ever see it. Nobody will ever know”
His father who was an auto mechanic, a high school dropout, said,
“Yes, Steve, But you will know. People who really care about making things great care about even the parts unseen.”

– Walter Isaacson –
Pomona College Commencement 2013

Posted in Text | Leave a comment

「あの木が、ひとりぼっちのわたしの、たったひとりのお友だちなんです」
彼女はそう言って、病棟の窓を指差した。外ではマロニエの木が、いままさに花の盛りを迎えていた。
板敷きの病床の高さにかがむと、病棟の小さな窓からは、花房をふたつつけた緑の枝が見えた。
「あの木とよくおしゃべりをするんです」
わたしは当惑した。彼女の言葉をどう解釈したらいいのか、わからなかった。
譫妄状態で、ときどき幻覚におちいるのだろうか。
それでわたしは、木もなにかいうんですか、とたずねた。
そうだという。ではなんと?
それにたいして、彼女はこう答えたのだ。
「木はこういうんです。わたしはここにいるよ、わたしは、ここに、いるよ、わたしは命、永遠の命だって…」

-「夜と霧」 ヴィクトール E フランクル –

Posted in Text | Leave a comment

わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、
むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ

-「夜と霧」 ヴィクトール E フランクル –

Posted in Text | Leave a comment

仕事なんか阿呆のするものだ、男のするもんじゃない。
苦労もときには楽しいものだがね、仕事でさえなければな。
無為のなかの苦労は役にも立つし楽しくもあるが、仕事は役にも立たなければ、想像力を枯渇させる。
いずれにせよ、もしも金が足りなくなってなにかの仕事をせざるを得ない場合には、
できるだけ想像力を豊かにする職業を薦めるよ、たとえば運送屋とかな。
しかし、なんの職ももたずに生きるのがなんといってもいちばんだ。
たとえ、パンだけで我慢するとしてもな。
稼いで得たパンでなければの話だが。

– 「アルトゥーロの島」 モランテ –

Posted in Text | Leave a comment


WHAT IS LIFE?
IT IS THE FLASH OF A FIREFLY IN THE NIGHT.
IT IS THE BREATH OF A BUFFALO IN THE WINTERTIME.
IT IS THE LITTLE SHADOW WHICH RUNS ACROSS THE GRASS AND LOSES ITSELF IN THE SUNSET.

– Blackfoot Indian –

Posted in Text | Leave a comment

“大部分の人はメタファーなどなくとも、日常生活はなんら痒痛を感ずることなくやっていけるものと考えている。
ところが、われわれ筆者に言わせてみれば、それどころか、言語活動のみならず思考や行動にいたるまで、日常の営みのあらゆるところにメタファーは浸透しているのである。われわれが普段、ものを考えたり行動したりする際に基づいている概念体系の本質は、根本的にメタファーによって成り立っているのである。”

– ジョージ・レイコフ「レトリックと人生」-

Posted in Text | Leave a comment