Category Archives: Text

And when we looked outside
Couldn’t even see the sky
How do you pay the rent
Is it your parents
Or is hard work dear
Holding the atmosphere
I don’t wanna live like that

– Sleep on the floor – The Lumineers

Posted in Text | Leave a comment

6:25
それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。

6:26
空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。

6:27
あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。

6:28
また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。

6:29
しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

6:30
きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。

6:31
だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。

Posted in Text | Leave a comment

シュリーマン習得法

1、非常に多く音読する。決して翻訳しない。

2、毎日1時間勉強する。

3、常に興味のある対象について作文を書く。

4、音読の音や作文を教師の指導によって訂正する。

5、前日直されたものを暗記して次の時間に暗唱する。

Posted in Text | Leave a comment

彼は自分ではどんな重要性も認めていない仕事をしているのだが、じつはそれこそが素晴らしいことだったのである。
彼は(それまではずっと憐れみを感じていたのに)なんら内的な「Esmuss Sein!」にもみちびかれず、職場を離れると仕事のことをすっかり忘れてしまえる職業に従事する人びとの幸福を理解した。

– The unbearable lightness of being –

Posted in Text | Leave a comment

仮にあなたに息子さんがいて

息子さんが何かで失敗したら

同じ態度を取りますか

仮にあなたのお母さんや

あなたの上司や

店に来るお客さんが

ワゴンを倒したら

座り込んで首振って

傘でコツコツしますか

どんな人に対しても

同じ態度が取れない自分を

誇らしく思えますか

あなたのお子さんに将来

お父さんのような人間になりなさいと

堂々と言えますか

-「宮本くんから君へ」- 

Posted in Text | Leave a comment

二人の共通の趣味のため、なんとなく思い立ってプロジェクターを購入。
これが思いのほか最高で、一日中映画を見ていられそう。大きさ、画質、申し分ない。

Posted in Photo, Text | Leave a comment

いまごろちゃうどおまへの年ごろで

おまへの素質と力をもってゐるものは

町と村との一万人のなかになら

おそらく五人はあるだらう

それらのひとのどの人もまたどのひとも

五年のあひだにそれを大低無くすのだ

生活のためにけづられたり

自分でそれをなくすのだ

すべての才や力や材といふものは

ひとにとゞまるものでない

ひとさへひとにとゞまらぬ

おまへのいまのちからがにぶり

きれいな音の正しい調子とその明るさを失って

ふたたび回復できないならば

おれはおまへをもう見ない

なぜならおれは

すこしぐらゐの仕事ができて

そいつに腰をかけてるやうな

そんな多数をいちばんいやにおもふのだ

みんなが町で暮したり

一日あそんでゐるときに

おまへはひとりであの石原の草を刈る

そのさびしさでおまへは音をつくるのだ

多くの侮辱や窮乏の

それらを噛んで歌ふのだ

もしも楽器がなかったら

いゝかおまへはおれの弟子なのだ

ちからのかぎり

そらいっぱいの

光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ

– 『春と修羅 第二集』 宮沢賢治 –

Posted in Text | Leave a comment